スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月が来ると…その2 
140715.jpg
140715b.jpg
140715c.jpg
140715d.jpg
140715e.jpg

 その後の入院で、どん底からはいあがった母は、「何であんなアホな事してんやろ」と言っておりました。
兄②から「睡眠薬で死なれへんよ」とつっこまれ、「必死こいて薬ためとったで」と笑ってました。
 やっぱり、笑ってる母は良いです。

あなた、押す。わたし、喜ぶ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
 
ふ~みんまま #-
 
4連パックになる前日に、
そんなことがあったんですね
いつも面白くてすっかりファンになって
毎日ここに笑いに来てたけど、その裏に
こんなに辛い出来事があったとは知りませんでした。
つこさんの気持ちも、お母さんの気持ちも分かるような気がして、
しばらく涙が止まりませんでした。
これからのつこさんの人生が笑いでいっぱいになりますように。
ico #-
 
 涙が溢れます。お母さん、旦那さんの介護、お見送り(お葬式)等、気丈に頑張って来られた事でしょう。娘からしたら、同居して、『いい加減にして!』と言いたくなる位、甘えて欲しいですよね。下らない事で親子喧嘩したって良いですよね。

 私は父に、『年金だけじゃ遊ぶ金が足らん!』と言わせたかった。父は母が他界した後毎年、譲与税がかからないギリギリの額を、私の身丈に合わないお金を、私の通帳に入れてくれていました。自分で使えばいいのに。そのお金で、NZに飛んで来れたら良かったのに。

 母は私を、『お水を下さい』と拝みました。嚥下が出来ず、水も飲めず。喉を切開してるのに、口をパクパクして水を懇願しました。同じ病室には、食事をしてる患者さんも居て、母は2年間、1日3回、皆の食事を感じつつ、何も食べれなかったんです。

 尊厳死って、何でしょうね。藁にもすがりたい気持ちで、延命装置を付けた事は、正しかったのか?未だに分かりません。でも、家族の時間を作ってくれた母、闘病する母の姿は、私の心に大きなモノを与えてくれました。

 明日、我が身に何が起こっても、後悔が少ないよう、私、もっと笑顔の母で居ないといけないなぁ。と、つこさんのBlogを読んで思いました。有難うございます。
ぽん #-
病気って 
心が弱りますよね。
親って何でしょうね、遠慮するというか、
子供の世話になるのが恥ずかしいみたいな傾向があるような。
お母様の気持ちもぎゅ~っと伝わってきて目頭がぎゅ~っとなりました。
苦労もあったでしょうけれど、
良いお子さんに3人も恵まれてお幸せでしたね。
つこ #-
ふ~みんままさん 
 ありがとうござます。

 4連パック中は、夫と母の両方に気をつかう生活で、漫画が息抜きだったかもしれません。
もちろん気をつかっていたのは私だけではなく、夫も母もですが…。
そんななか、娘だけは特にいつもと変わらず。
母は、4連パック中、私と夫の関係が悪くなるんじゃないかとずっと気にしていて、
家を建てていたのですが、そこに自分も住む事になるのをとても恐縮していました。
引越直前に入院したので、結局、家は住む事はおろか、見る事もできませんでしたが…。

 

 あの時、申し訳なさと腹立たしさと無力感とがごちゃごちゃなってましたが、
やはり、母の辛さを思うと泣けてきます。
つこ #-
icoさん 
お父様の親心に泣けてきます。大事な娘、しかも外国でがんばってるとなると余計気になられていたことでしょう。
 
 お母様の壮絶な闘病生活に胸がしめつけられる思いです。お水…あげたかったですよね。
お水さえ無理だなんて…そんな状態なのに、部屋の中では普通に食事をとってる方がいる…。仕方ないとはいえ、ご本人もご家族も辛いですよね…。
でも、「もういない」のと「生きている」とは全然違います。
延命措置…どちらを選択しても、「正しかったのか?」と思われていたのではないかと思います。

 母の最期は「生きていてほしいけど、早く楽にしてあげたい」、そう思いながらの毎日でしたが、
やっぱり「生きててほしい」の気持ちがほとんどでした。
「楽にしてあげたい」は、母が亡くなろうしている事を受け入れるための言葉だった気がします。

 




つこ #-
Tomatoさん 
 長い介護生活だったということは、なおさら喪失感は大きいのではないでしょうか。

 納骨がすんで落ち着いたら、寂しくなるでしょうね。
うまく時間の流れに身をまかせて、無理なさらずに日々をお過ごしください。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://kazoniki.blog94.fc2.com/tb.php/422-5c62b8b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。